All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2010'03.12 (Fri)

3月10・11日のトレードたち・・・とりあえずは決済完了

ご訪問&コメント&「ポチッ」や「拍手」をしてくださった方々~

ホントにうれしいですっ! ありがとうございます
これからも、どうぞよろしくお願いします。

                     


「ナンピン」保有しても大抵は2日で決済か損切りしてるカトマキですが
昨日の夜中遅くまで粘ってもダメだったので、(たぶん)初の3日目突入です。。。
「ロング」ポジなので、スワップがマイナスにならんだけでも良かったです(笑
3月11日

夕方からの一番おいしい上昇もその後の上昇もスルーしてしまったため
完全に傍観状態に突入し、そのままの勢いで建値まで。。。
という作戦?にうって出たカトマキ・・・

リミットを「135.95」にして共に決済。。。というシナリオを作成

あともう少しやし~頑張れ~
とチャート応援するも。。。また下げてしまい
さすがに眠くなってきたんで、もう1つナンピンしたところでとりあえず寝ました

・・・ダンナが起き出したんで一応起きて(夜中遅いのがバレないよう。。。^^;)

何よりも先にチャートを携帯でチェックしたら。。。
やっぱり上値が重たい。。。

仕方ないので、とりあえず1つだけ決済しておきました。
(あくまで、こだわってます!)

お子たちが学校に行ってからチャートをチェックして、「指値」を入れてから
とりあえず。。。二度寝!

・・・起きたら、すっかりお昼を過ぎてまして。。。
「指値」もヒットしてました

昨日の安値から下げたらアウト!
ということで(さすがに4日目やし。。。
昨日すでに「134.15」などというナンピン玉を仕込み
最後の抵抗。。。を計る準備も整っているんで仕事に行きました~

・・・やはり、カトマキの仕事中から上昇したようで。。。(笑
帰ってきたらポジが消えてました。。。

まぁ。。。きっとリアルに見てたら「136.20」まで粘ってたと思いますが
「ナンピン」した時点で負け~と思ってるんで
こんだけプラスになっただけでも満足です

・・・つーか、こっからが。。。また悲しいねん~
3月11日オーダー

ポジも無くなったし。。。と、次の作戦実行のため「指値注文」を出しておきましたが
結局、どちらも少し違いでつかず。。。
ちょうどこの時間をリアルで見てなかったこともあって仕方ないんですが・・・

次のチャンスを待ちます。。。

とりあえず、「ロング」目線継続中ですが、ショートもいけそうなら入ります。

※ ロング目線のワケ
3月10日ポン円4時間足
このように下値が切り上げっていってるので、下げたところでエントリーするのが放置状態でも(たぶん)安心です。。。

ほんで、ちょっと日にちを変えて見てみると・・・
ポン円4時間足310

やっぱり、ペンタゴンのラインに沿うように動いてます!
・・・ということで、「137.00~137.20」くらいまでは戻りそうな余地が考えられるので。。。という理由です。

まぁ~、何と言っても、テキトーに触ってたら。。。そんな気がした。。。
というのが本音ですが。。。


明日は午前中にちょっと出かけたら夕方までは時間が少しできそうなので
ずーーーーっとご訪問できていない、みなさまのブログへお邪魔させていただきたいと思っています~

                 

ブログランキングに参加しています
カトマキの「チャート縮小作戦?!」がオモローと思った方は
(・・最近見ないなぁ~
どれでも「ポチッ」っとお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人へ にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ ポンドドルへ にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ

 



テーマ : FX1年生 - ジャンル : 株式・投資・マネー

02:09  |  トレード記録  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

No title

私は常にロング目線ですwww
WIN | 2010年03月12日(金) 10:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://katomaki.blog88.fc2.com/tb.php/143-66938e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |